白蟻駆除は賢く選ぶことで費用の節約ができる

定期点検を行なうことで白蟻駆除を早く退治できる

白蟻を早期的に発見する方法

静かにひっそりと家を侵食する白蟻は、知らないうちに家をむしばんでいるかもしれません。一刻も早く白蟻の存在に気づくためにもどのような症状があると白蟻の存在が疑われるか、予防の方法などを知っておきましょう。

白蟻被害の症状を把握

白蟻がいるかもしれないと思い始めたということは、何らかの異常が家の中に起こっているからでしょう。もし、次にあげる症状があるならば白蟻被害があると考えられます。まず、家の中で羽アリをみつけた・風呂の入口にある敷居柱が変色している・押入れがかび臭いまたは湿っている・部屋を閉め切ると嫌なにおいがする・風呂場や台所の床がブカブカしているなどを確認しましょう。その他に、家の基礎や土台に蟻道と呼ばれる、基礎や土台の表面に土や排泄物で作られた道がないかどうかもチェックします。また、庭の垣根にぐらつきがある・近所で白蟻駆除をした・庭においてある木材で白蟻を見つけたなども白蟻発生の可能性があります。

定期的な点検で被害の拡大を阻止

定期点検は結果的に白蟻駆除費用を抑えることになる(白蟻駆除作業スタッフ)

何かしらの症状がなくても日頃から定期点検を行なっておくと、もし白蟻の被害が出たとしても被害の範囲を小さく食い止めることにつながるので、結果的に費用を抑えることにもなります。定期点検では、床下の場合は白蟻の有無・床下の腐朽やカビ・湿度・通風の状態・基礎にひび割れがないか・廃材やゴミはないか・他の害虫はいないかをチェックします。定期点検の段階で白蟻を発見したとしても、まだ表立って症状が現れていないこともあります。しかし、その段階であれば駆除の範囲や使う薬剤の量も少なく済ませることが期待できるので、大切な住まいを大きく蝕まれることが防げるのです。

TOPボタン